皆さんご機嫌いかがですか。

CHUNKY BURGERのベース、YOSSYです。


写真は、遊び疲れた様子の愛犬ペロです。



今日のブログでは、ベースのフレーズを作る際にバスドラムを意識してみよう!ということについて書いていきます。



ドラムと一体となってグルーヴを作り出すようにするためには、バスドラムを意識して、そこに合わせていく方法がオーソドックスなものだと思います。



バスドラムのタイミングで音を出すことを大枠として、ベースのフレーズを考えていくことが第一歩となります。



そのほかの空白のスペースにも音を付け足して彩りを加えていきます。



バスドラムに合わせることによって、リズム隊の一体感を増加させるわけですが、合わせようとしているのに自分のリズムが悪くて、きっちりかみ合わないということになってしまわないようにリズム・トレーニングを日頃から行っておくことが大切です。



また、必ずしもすべての曲で毎回バスドラムに合わせなくてはならないというわけではないので、フレーズの組み立て方が自分なりにわかってきたら、「あえて外す」という手法も取り入れていくと面白いですよ。



それでは、YOSSYからの報告は以上です。

最後まで読んでくれてありがとうございました。